エアコン掃除!自分でスッキリ仕上げるポイントは?

エアコンを清潔に使い続けるために、「自分でできるエアコンの掃除方法って何?」という方に向けて、おうちでできるエアコン掃除のコツと注意点をまとめてみました。

なぜエアコンの掃除が必要なのか?

エアコンの熱交換機や送風をするファンは湿気があり、その周辺や背面には黒カビがが付着しやすくなっています。カビは胞子なので、エアコンを使用した瞬間から「胞子をばらまいている」ことになります。カビの他にも、エアコン内部や背面、フィルターなどはホコリやハウスダスト、花粉など目には見えない物質がたくさん潜んでいます。これらの有害な物質を取り除く意味でもまめなエアコンの清掃が必要です。

さらに、フィルターが目詰まりを起こしているとエアコンが本来の性能を発揮できずに余計な電力を必要とし、電気代があがってしまうことにもなります。電気代を節約する意味でもエアコンの掃除は意味があります。

エアコン掃除の前準備

エアコン掃除をする前に、まずはエアコンの電源をオフにしましょう。コンセントを抜いておくとさらに安心です。それから、エアコンの下やその周辺にホコリが飛び散りますので、ものがある場合は避けておいたほうがよいです。掃除の際は念のためマスクをしておくと、エアコンを開けた時に飛び散るホコリやダストなどを吸い込むのを避けることができます。小さなお子さんがいる家庭では、掃除中はなるべく子どもたちが近づかないようにしておきましょう。

エアコン掃除と言っても、特別な道具が必要ではありません。掃除機や雑巾があればある程度の掃除を行うことができます。

エアコン掃除は、まずフィルターから

「エアコン掃除」で、どなたでも簡単におうちでできるものというと「フィルター掃除」があげられます。

「そんな簡単なこと?」と思われるかもしれませんが、フィルターのホコリや汚れを落とすことは、キレイな空気のお部屋維持のために大切な掃除です。多くの方がお困りの「運転時のイヤな臭い」の発生も減らすことに繋がりますので、1ヶ月に2回ほど行うことをお勧めします。

エアコンに「お掃除機能」がついている機種も、最近多くなってきましたが、その場合でも、フィルター掃除は必要です。

詳しくは、「実はこんなに汚れている!お掃除機能付きエアコン」や「お掃除機能付きエアコンのお手入れは必要?」の記事を参照下さい。

では、どんな方法で掃除するといいのでしょうか?エアコンの仕組みやフィルターの特性を知って、効率良くお掃除しましょう。

最初に掃除機をかける場所は

最初に行うのは、掃除機がけ。多くの方が、そのように掃除していると思います。

まずエアコンのフィルターを外す前に、フィルター周辺やパネル部分に掃除機をかけます。先にホコリを吸い取っておくことで、フィルターを外す時に、ホコリが舞うのを防ぎ、たったこれだけでも掃除が効率よく進みます。

IMG_1037
フィルター周辺の掃除が終わったら、いよいよフィルターを外します。フィルターは薄く、柔らかいプラスチック樹脂でできていますので、ねじったり、ムリに取ろうとすると破損の原因となります。また、勢いで中に溜っているホコリの塊が落ちてくることもあるので、丁寧に外します。

フィルターへの掃除機のかけ方

IMG_1042
取り外したフィルターは、外側にホコリが付いていますから、掃除機もフィルターの外側からかけます。内側から無理に吸いこもうとすると、目詰まりをおこすこともあるからです。

さらに、掃除機をかけるだけでは、フィルターの細かい部分に付着したホコリなどをすっきり取ることができないので、2回のうち1回は、お風呂場などで水洗いをして、日陰干しすることをお勧めします。

フィルターの水洗いのコツ

フィルターを水洗いする時のポイントは、掃除機をかけた外側ではなく、内側から水をかけるということです。

IMG_1040

外側から水をあてると、逆に目詰まりを起こす原因となってしまいます。ベタベタ汚れが気になる時や、油煙やタバコのヤニなどが付いてホコリと粘着しているような時には、家庭用中性洗剤を水で薄めたものや、セスキ炭酸ソーダ溶液、重曹水などを少し使って汚れを落とします。

柔らかいブラシを使えば、フィルターも痛みません。油分が落ちやすいようにぬるま湯でよくすすぎ、日陰干しをしてしっかり乾燥させて下さい。

ダストボックスの掃除

お掃除機能付きエアコンで、取り除いた誇りをダストボックスに入れるタイプのものがあります。もしご家庭でご利用のお掃除機能付きエアコンがダストボックス式の場合、ダストボックスの中身を定期的に捨てる必要があります。ダストボックスのメンテナンス頻度はメーカーや機種によって異なってきますので、取り扱い説明書をご確認ください。

前面パネルの拭き掃除

IMG_1044

前面パネルが取り外せるのなら、ホコリを掃除機で吸い取ったあとに水洗いをするとスッキリします。洗ったあとは、水気を拭き取り、しっかり乾燥をさせます。パネルが取り外せなければ、無理に外そうとせず、家庭用中性洗剤を水で薄めたもので濡らした雑巾を固く絞って、拭き掃除をすればスッキリです。最後に吹き出し口をキレイに拭きます。

吹き出し口の掃除

※必ず電源を抜いて作業します。コンセントがないようなら、ブレーカーをOFFにします。

吹き出し口は、熱交換器を通った空気が出てくるところ。ここが汚れていると、部屋中に汚れた空気をまき散らすことになるので、手の届く範囲でキレイに拭き掃除をしましょう。手の届かないところは決して無理せず、専門業者に頼むようにしましょう。

風が出てくる吹き出し口のルーバー(羽根部分)をゆっくり手で回し、その隙間から、拭き掃除をします。水で薄めた家庭用中性洗剤を布に浸して固く絞り、それを指に巻きつけ、中を拭いていきます。また布の代わりに軍手を使うと効率的に進められます。

洗剤で拭いたところはそのあと、きれいな布で水拭きして、洗剤の成分が中に残らないようにします。洗剤の成分が残ったままの状態でエアコンを運転すると、汚れの付着やカビ発生の原因になります。洗剤拭きをしても、二度拭きの時に手が届かなければ良くないので、無理をする必要はありません。

また、中の方に見えるファンに付いている汚れも、プロが使う専門の器材と洗剤がなければ取れませんので、触らないようにします。ルーバーは手で動かして元の位置に戻らなくても、ほとんどの電動ルーバーは電源を入れれば、自動で戻るので確認して下さい。

掃除のあとのエアコン運転で大事なこと

スッキリきれいになって、しっかり乾燥させたらフィルターとパネルを取り付け、電源(ブレーカー)を入れます。拭き掃除や水洗いをしたあとなので、エアコンを「送風」にして、20~30分運転させ、しっかり中を乾燥させましょう。この時、中のファンに汚れが残っているのが見えたりしても、運転中は決して手や指を入れない事!指などが巻き込まれ、大きな怪我に繋がりますので、注意して下さい。

エアコン周辺のおまけの掃除

エアコンだけでなく、リモコンも結構汚れているものです。液晶表示部分やボタン部分は、特に汚れやすいので、ついでに掃除してしまいましょう。できるだけ乾いたタオルで拭き、どうしても取れない汚れは、綿棒に消毒用エタノールを少し含ませたもので、優しく拭きとりましょう。

エアコン本体の周辺の壁も、静電気や空気の流れでホコリで汚れやすい場所です。ビニールクロスなら、ついでによく絞った布で、拭いておきましょう。

自分でする掃除の時に気を付けること

いかがでしたか?この記事を読まれた方は思ったより簡単にエアコン掃除できると思われたことでしょう。ちょっとしたことですが、手軽にできるエアコン掃除をするだけでも、エアコンからの嫌な臭いを防げたり、節電にもつながったりしますので、ぜひお試しください。

最後に、掃除の際に気を付けることを3つお伝えします。

紹介した掃除方法では、市販のエアコン洗浄スプレーを使っていません
市販のエアコン洗浄スプレーをご使用される場合は、購入された洗浄スプレーの説明書の内容を読み十分理解した上でご使用して下さい。
エアコン室内機本体を持ち上げたり、重量がかからない様注意
エアコン室内機本体を持ち上げたり重量をかけたりすると、本体が落下するおそれがありますので、決してそれらの行為は行わないようにして下さい。
水気はエアコンのカビの原因
エアコンにとって水気はカビの発生などを引き起こします。エアコン掃除の際に水や洗剤を使う方法を紹介しましたが、必ずしっかり完走させることを忘れないようにシて下さい。エアコンの内部に水気があるようであれば送風運転を行い、水気を取るようにしましょう。せっかくエアコン掃除をしたのに、それが原因でエアコンにカビが生えたとなったら、大変ですからね。

それでも臭いやカビが気になる時は・・・

これらの掃除をしても、臭いや運転に気がかりなことがある時などは、ホームケアの範囲を超えますので、エアコンメーカーやエアコンクリーニングなどの専門業者に相談することをお勧めします。その際は、エアコンの内部までしっかり洗ってくれるエアコン分解クリーニングのサービスを検討してみてください。つけたままのエアコンクリーニングでは取れなかったカビや汚れもしっかり取り除いて、綺麗にしてくれます。

cripica_ad

お気軽にお問い合わせください。

ac_cleaning
ac_cleaning