実はこんなに汚れている!お掃除機能付きエアコン

お掃除機能付きエアコンを使用しているから面倒なお手入れも必要なし!と思っていませんか?日頃から数多くエアコンクリーニングを取り扱っておりますが、最近特にお掃除機能付きエアコンのクリーニングのご依頼が増えてきております。

「え?お掃除機能付きエアコンでもクリーニング必要なの?」と思われた方も多いのではないでしょうか?それが必要なのです。 (参照:「 お掃除機能付きエアコンのお手入れは必要? 」)

このページの目次
  1. お掃除機能付きエアコンの汚れ
  2. お掃除機能付きエアコンが汚れる理由
  3. お掃除機能付きエアコンのお手入れ方法

お掃除機能付きエアコンの汚れ

百聞は一見に如かず!当社が実際にお客様よりご依頼を頂いたエアコンをご覧ください。

4年使用したお掃除機能付きエアコン

こちらは4年ほど使用したお掃除機能付きエアコンです。

IMG_0730

 カバーをとった状態ですでに汚れが…

IMG_0752

少しずつ中を見ていきます。

IMG_0761

普段見ることのない機械内部も実はこんなに汚れています。

IMG_0763

アップにするとカビやホコリなどの汚れがよりはっきりわかります。

2年使用したお掃除機能付きエアコン

続いては、まだ2年ほどしか使っていないお掃除機能付きエアコンです。

2年しか使っていないのに、カビがいたるところに発生しています。さらにカビの臭いも放っています。こちらのご家庭ではタバコも吸われていないし、お掃除もまめに行っておられました。

お掃除ロボットにもホコリが大量についており、ホコリで動きを封じてしまっています。これではもうお掃除機能の役割をはたすことができない状態です。

なぜ、これほどお掃除機能付きエアコンが汚れているのか不思議だったのですが、お客様の話をうかがっているうちに共通点があったので、紹介させていただきますね。

お掃除機能付きエアコンが汚れる理由

通常にエアコンを使っていても、どうしても汚れはたまってきますが、お掃除機能付きエアコンならではの理由もあるようです。

他のエアコンと比べ密閉度が高い

お掃除機能付きエアコンの多くの機種は、スイッチをオフにするとルーバー等がぴたっと収納され、密閉されたような状態になります。下記画像を参照ください。

DSC_9084

このような状態になると、エアコン内部の密閉度が上がり、中は残った水分で湿度が高くなります。こうして、エアコン内部はカビにとっては最高の住み家になります。エアコンの臭いでも紹介しましたが、水分と汚れはカビにとっては最高の繁殖環境となります。

お掃除機能を切っている

お掃除機能付きエアコンは電源を切ると自動で清掃が行われるように設定されていますが、清掃時のモーター音が気になりお掃除機能をオフにされている方が多いようです。そうして、せっかくあるお掃除機能をつけ忘れ、久しぶりにフィルターを見てびっくり!ということがあるようです。

お掃除機能のお手入れをしていない

お掃除機能付きエアコンは、自動清掃されたホコリを屋外へ排出するものと、ダストボックスに溜めていく方式の2つが用意されています。ご家庭のエアコンがどちらの処理方法かはメーカーのウェブサイトや説明書でご確認ください。

排出方式の場合は、そのままホコリがホースを伝って屋外に排出されますが、このホースが詰まってしまいホコリが中に残ってしまうこともあります。

こちらの写真のエアコンは、排出方式ですが、ホコリが詰まってしまい、自動清掃したホコリが残ってしまっています。

もう一方のダストボックス方式の場合は、ホコリを定期的に捨てなければなりません。こちらも忘れているとホコリが溢れて清掃が機能しなくなってしまいます

さらに、自動洗浄機能は、あくまでフィルターを綺麗にする機能です。エアコン内部は他のエアコンと同じように水分が残っていたりするので、シーズン終わりには送風運転が必要だったり、数ヶ月に一度はフィルターの水洗い等が必要です。お掃除機能があるからといって、何もしなくても良い訳ではなく、メンテナンスは必要です。

お掃除機能付きエアコンのお手入れ方法

お掃除機能付きエアコンを快適に使い続けるには、やはり通常のエアコンと同じようにお手入れが必要です。

お手入れほうほうについては、以下の記事を参照下さい。
エアコン掃除!自分でスッキリ仕上げるポイントは?

さらに、お掃除機能付きエアコンならではのお手入れとしては、ダストボックス方式の場合は、定期的なゴミ捨ても必要です。

密閉度が高いですので、エアコンの運転後は、送風運転をするようにしましょう。ついついフィルターのお掃除運転で安心しがちですが、内部をキレイにするお掃除運転もあります。ダイキン製のエアコンの場合、内部クリーン運転と呼ばれていますし、パナソニック製エアコンの場合には本体内部お掃除運転と呼ばれるものです。設定方法等はメーカーのウェブサイトや説明書でご確認ください。

内部のお掃除運転では、冷房や除湿運転の後に、送風や暖房運転を行い、エアコン室内機の内部を乾燥し、カビの発生を抑えてくれます。

お掃除機能付きエアコンだからうちは大丈夫と思って、何もしないでいるとエアコンの中は大変なことになっていたりします。

一度着いてしまったカビは、ご家庭で取るのは難しいですので、プロのエアコンクリーニングを検討するのがおすすめです。エアコン屋の「クリピカ」ならエアコン室内機を取り外して、工場まで持ち帰って分解して、カビを徹底的に取り除きます。

他社では断られることの多い最新のお掃除機能付きエアコンでも、専門スタッフが揃うエアコン屋に安心してお任せください。

エアコン分解クリーニング「クリピカ」の詳細を確認する

      

cripica_ad

お気軽にお問い合わせください。

ac_cleaning
ac_cleaning