実はこんなに汚れている!お掃除機能付きエアコン

お掃除機能付きエアコンを使用しているから面倒なお手入れも必要なし!と思っていませんか?日頃から数多くエアコンクリーニングを取り扱っておりますが、最近特にお掃除機能付きエアコンのクリーニングのご依頼が増えてきております。

「え?お掃除機能付きエアコンでもクリーニング必要なの?」と思われた方も多いのではないでしょうか?それが必要なのです。 (参照:「 お掃除機能付きエアコンのお手入れは必要? 」)

百聞は一見に如かず!当社が実際にお客様よりご依頼を頂いたエアコンをご覧ください。

こちらは4年ほど使用したお掃除機能付きエアコンです。

IMG_0730

 カバーをとった状態ですでに汚れが…

IMG_0752

少しずつ中を見ていきます。

IMG_0761

普段見ることのない機械内部も実はこんなに汚れています。

IMG_0763

アップにするとカビやホコリなどの汚れがよりはっきりわかります。

続いては、まだ2年ほどしか使っていないお掃除機能付きエアコンです。

IMG_1097

ちょっとわかりにくいですが、カビがいたるところに発生しています。
カビの臭いも放っています。

なぜ、これほどお掃除機能付きエアコンが汚れているのか不思議だったのですが、お客様の話をうかがっているうちに共通点があったので、紹介させていただきますね。

お掃除機能付きエアコンが汚れる理由

・他のエアコンの比べ密閉度が高い

お掃除機能付きエアコンの多くの機種は、スイッチをオフにするとルーバー等がぴたっと収納され、密閉されたような状態になります。下記画像を参照ください。

DSC_9084

このような状態になると、エアコン内部の密閉度が上がり、中は残った水分で湿度が高くなります。こうして、エアコン内部はカビにとっては最高の住み家になります。

・お掃除機能を切っている

お掃除機能付きエアコンは電源を切ると自動で清掃が行われるように設定されていますが、清掃時のモーター音が気になりお掃除機能をオフにされている方が多いようです。そうして、せっかくあるお掃除機能をつけ忘れ、久しぶりにフィルターを見てびっくり!ということがあるようです。

・お掃除機能に頼りきっている

自動洗浄機能は、あくまでフィルターを綺麗にする機能です。エアコン内部は他のエアコンと同じように水分が残っていたりするので、シーズン終わりには送風運転が必要だったり、数ヶ月に一度はフィルターの水洗い等が必要です。お掃除機能があるからといって、何もしなくても良い訳ではなく、メンテナンスは必要です。

お掃除機能付きエアコンだからうちは大丈夫と思って、何もしないでいるとエアコンの中は大変なことになっていたりします。

cripica_ad

お気軽にお問い合わせください。

ac_cleaning
ac_cleaning