エアコン屋のエアコン分解クリーニングは、どこまで分解するの?

公開日:2018年8月17日

エアコン分解クリーニングという言葉が以前よりは浸透してきましたが、「エアコン屋さんのエアコン分解クリーニングは他のエアコンクリーニングと何が違うの?」とよく聞かれます。

確かに最近はつけたままのエアコンクリーニングでも「分解洗浄」と言われているところがあり、お客様も違いがあまりよくわからないのではないでしょうか。

今回は、そんな疑問に答えるべく、エアコン屋のエアコン分解クリーニングはどこまで分解するのかを紹介したいと思います。

エアコンは専門工場で分解

まず最初に、弊社のエアコン分解クリーニング「クリピカ」はお客様宅のエアコンを取り外して、一度お預かりし、専門の工場に持ち帰ります。

そのため、お客様宅での作業は、取り外しと洗浄後の取り付けのみとなります。

お預かりしたエアコンは大阪と横浜にあるクリーニング専門の工場に運ばれます。

工場内部は詳しくお見せすることができなくて残念ですが、お客様より預かりましたエアコンをきれいにするため、最新鋭の設備が整った専門工場で丁寧に作業しています。

部品一点一点まで分解

エアコンは専門知識の豊富なスタッフが丁寧に分解していきます。

つけたままのクリーニングでは分解できる範囲が限られており、前面パネルを取るくらいしかできません。
その点、弊社のエアコン分解クリーニングは、エアコンを部品一点一点まで細かく分解していきます。

エアコンの分解にあたっては、弊社では定期的にメーカーでの研修等を行い、最新機種でも分解洗浄できるよう日々その技術力の向上に努めております。

お掃除機能付きエアコンの場合は、部品が普通のエアコンに比べて多く、構造も複雑で時間もかかるため、洗浄料金が少し高くなります。

外見はそれほど汚れていないと思っていたエアコンもどんどん分解していくと、中は汚れがいっぱいついています。

ここまで分解した後に、洗浄工程に移ります。

先程の汚れていたところが、ここまできれいになります。

つけたままのクリーニングでは洗えないところまでしっかり洗います。カビは根絶しないとまた生えてきます。つけたままのクリーニングしたのに、すぐにカビが生えてきたという経験はございませんか?

弊社のエアコン分解クリーニング「クリピカ」ではカビや汚れをしっかり落とすことができます。

徹底的に分解して洗うので、洗い残しがないと自信を持って言い切れます。

バラバラになったエアコンはしっかり乾燥させた後に、元通りに組み立てていきます。

せっかく洗ったのに、乾燥が不十分だと、カビの原因となります。クリピカでは、専用の乾燥室で乾かすため、水気は残りません。

ここまでするのがエアコン分解クリーニング「クリピカ」です。 他のエアコンクリーニングとは全く違うエアコン分解クリーニング「クリピカ」をぜひお試しください。

株式会社工事センター クリーニング大阪作業所

勤続年数11年目になり、現在、大阪作業所の責任者を務めさせて頂いております。最近では、お掃除ロボット付きのエアコンが主流になってきました。各メーカーが開発するエアコンの性能を理解し、自身の技術レベルアップと従業員への育成に取り組んでおります。また、エアコン内部に発生するカビの種類や繁殖速度などの実験を行い、エアコンの取り巻く環境についても日々勉強中です。

クリーニング工場は「横浜」と「大阪」にあります。

お気軽にお問い合わせください。

0120-06-5551

受付時間 9:00~18:00


関連するお困り事一覧