エアコンと臭い

暖房から冷房に切り替わる時期や梅雨時に、エアコンの風と一緒に吹き出される「臭い」が気になる方も多いのでは?その原因を探ってみました。

エアコンのイヤな臭いの正体は、何?

その正体は、カビ。エアコンの臭いの主な原因は、カビです。ご家族に喫煙の習慣がある方がいる場合は、タバコの臭いもプラスされ、これら二つが臭いの主な原因です。

カビが不快である理由は、「臭い」だけではありません。エアコンの吹き出し口から出てくるのは、カビの胞子。カビと違って、目には見えないのですが、胞子は着床したところで発芽・成長し、また胞子となって自由に浮遊してしまいます。空気と一緒に体内に吸い込んでしまうと、健康を害することにもつながります。

なぜカビは発生するのか?

エアコンの中には、カビが好む3つの条件、栄養となる汚れ、温度、湿度が揃っています。エアコンの熱交換機や送風するファンには、湿気がいっぱいで、同時にその周辺や背面には黒カビがびっしりと付いていますし、タバコのヤニもカビと同じようにエアコン内部にこびりつきます。また、ちょっと怖い話ですが、高温多湿を好むゴキブリにとっては、絶好の巣作りの場所にもなります。

エアコンの黒かび

通常カビは、エアコン使用時よりも、水分が残ったままにしていることで発生します。そしてカビが成長し、臭いがするようになるのですが、それを解消するために、消臭スプレーを使ったり、市販の洗浄スプレーを吹きかけたことで、さらに臭いがきつくなったという話もよく聞きます。これは、スプレーをした後に十分な水洗いあで汚れを流しきっていない事が原因。残った汚れによってカビが発生、増殖していったと考えられます。消臭スプレーや洗浄スプレーが全く無意味だとは言いませんが、使用方法を間違えると臭いを増やす原因になるのでご注意ください。

エアコンの臭いの解決策

エアコンの臭いは、カビやタバコのヤニであることが大きな原因です。それを解決するには、カビとヤニを徹底的に取り除くことです。表面に消臭スプレーをかけたりしても、臭いの原因は解決せず、返ってカビに栄養を与えてしまい、エアコンの内部、奥底へどんどん進行させてしまいます。

その様になってしまうと、カビやヤニを完全に取り除くことは、非常に困難です。取り付けたままでのエアコンクリーニングでは、エアコン内部の奥底にこびりついているカビやヤニには、届かず、完全に除去はできません。

原因を元から取り除くには、エアコンを分解してクリーニングするしか方法がありません。エアコンクリーニングというと付けたままのイメージがありますが、プロは分解クリーニングをオススメしています。

カビの予防策

エアコンのイヤな臭いの解消には、専門業者のエアコンクリーニングがオススメですが、ご自宅でできるケアもあります。それは、冷房運転後、しばらくは送風運転を行い、エアコン内部を乾燥させること。湿度を下げることでカビの発生をいくらか抑えることができます。エアコン内部の湿気はなかなか完全に下げられませんが、こまめにエアコン内部を暖めることで、乾燥状態を作りだし、カビの発生を抑えましょう。

 お掃除機能付きエアコンのカビ防止策は、

  •  冷房のシーズン終わりに、送風で1時間程乾かす。
  • お掃除機能をまめに利用する。

を徹底してみてください。

 

cripica_ad

お気軽にお問い合わせください。

ac_cleaning
ac_cleaning