配管の必要な長さ

今回の漫画は「配管の必要な長さ」です。エアコン取り付けの際に配管がどのくらい必要になるかを説明しています。配管の必要な長さ

エアコン取り付けに必要な配管の長さ

エアコン取り付けの際には必ず配管が必要になります。
お引越し等でエアコンを移設する際、引越し先の住宅環境によっては配管が追加で必要になったり、配管の状態によっては交換が必要になったりする場合があります。
一般的に室内機と室外機が一階、又は同一階のベランダや地面に直置きした場合は3m~4m、室内機が2階で室外機が1階に直置きした場合は6m~8mの配管が必要になります。また、室内機が3階で室外機が1階に直置きした場合は9m~11mの長さが必要になります。※設置環境によって状況が異なるため、あくまで目安の長さとなります。
上記の長さは全て、室内機と室外機が一直線状に設置できる場合に限ります。
例えば、室外機を室内機から離れた場所に設置する場合は目安の長さ以上に配管が必要になりますし、逆に室外機の設置方法が壁面付けや屋根置き等で、室内機に近い場所に設置できる場合は短く済む場合もあります。
配管の長さについては作業員が現場を確認した上で判断するため、エアコン取り付け工事の際に必要な長さをご案内させていただきます。

4+
お気軽にお問い合わせください。

0120-06-5551

受付時間 9:00~18:00


関連するまんが一覧