リサイクルできるモノとできないモノ

リサイクルできるモノとできないモノ

家電リサイクル対象と対象外のもの

家電リサイクル法で対象となっている家電4品目のエアコン、テレビ(ブラウン管、液晶・プラズマ)、冷蔵庫、冷凍庫、洗濯機、衣類乾燥機の中には、リサイクルできるものとできないものがあることをご存じですか?例えば、エアコンと一口に言っても、天井埋め込み形や壁埋め込み形エアコン等、一般的に業務用エアコンと呼ばれるものは対象外になります。(別表「対象廃棄物家電4品目一覧」参照)また、品目とメーカー名(製造業者名)、大きさによってリサイクル料金や収集運搬費が異なりますので、事前にご確認をお願い致します。同じ家電製品の中でも温水洗浄便座(ウォシュレット等)は現在、家電リサイクル法の対象商品ではありません。一般的には粗大ごみの扱いとなりますが、各地域によって処分方法が異なりますので、各地域のルールに従って決められた方法で処分してください。詳細は各自治体(市区町村役場)でご確認願います。

対象廃棄物家電4品目一覧

※一般財団法人家電製品協会家電リサイクル券センター「対象廃棄物(家電4品目)一覧」より抜粋
・エアコンの場合、室内機のみや室外機のみでも料金は変わりません。
・電源コードもリサイクル対象ですので、一緒に引き渡して下さい。

 

エアコンクリーニング