エアコン節電術 その6

エアコン節電術 その6

直射日光を防ごう!

夏は陽射しが強く、窓から直射日光が入ってくると部屋の温度はますます上がってしまいます。この状態でエアコンを運転させると、お部屋の温度を調整するため、エアコンは多くの電力を消費してしまいます。節電するためにはカーテンやブラインド等で直射日光を防ぎ、部屋の温度を出来るだけ下げることをオススメします。また、室外機に日よけ専用カバーを取り付けしたり、葦簀(よしず)で日陰を作ったりすることで室外機周辺の温度が下がり、熱交換の負担を軽減することができます。しかし、日陰を作るために室外機の吹き出し口を植木や柵で囲ってしまうのは、放熱の妨げをしてしまい冷房効果が下がってしまうため注意が必要です。

エアコンクリーニング