配管の長さについて

今回の漫画は「配管の長さについて」です。エアコンの取り付けの際に使用する配管の長さがメーカーによって決められていることをご存じですか?

配管の長さについて

配管の長さ・高低差・配管経路が重要です!

配管はエアコンの機種や住宅環境によって長さが変わりますが、一般的に室内機と室外機が一階、又は室外機をベランダに直置きした場合は3~4m、室内機が2階で室外機が1階に直置きした場合は6m~8mの配管が必要になります。(環境によって異なるため、あくまで目安となります。)

私たちエアコン設置業者が工事を行う上で特に注意しているのが、配管の長さと高低差、それと配管経路です。エアコンは各メーカーにより1台につき使用できる配管の長さや高低差が決められています。

万が一、仕様条件を満たせず配管の長さや高低差が許容範囲を超えてしまうと、エアコンが十分に機能を果たせなくなり、エアコンの効きが悪くなってしまう恐れがあります。配管が長くなるにつれてエアコンの能力は低下してしまうため、エアコンを取り付けする際は住宅環境を確認の上、最良な設置場所をお客様へご提案させていただきます。

2018年3月プレゼント当選者発表

このたび「クリピカしあわせメッセージ」にたくさんのご応募を
いただき、ありがとうございました。

今月の「温湿度計」の当選者が決定致しました。

東京都   I様
茨城県   M様
山口県   A様
徳島県     N様
大阪府   I様

当選おめでとうございます!!

室外機の据付スペースについて

今回の漫画は「室外機の据付スペースについて」ということで、室外機の周りに放熱の妨げになる物が置いてあると起こりうるトラブルついてご紹介します。

室外機の据付スペースについて

室外機に必要な据付スペースを確保しよう!

エアコンを取り付けする際は据付スペースが確保できるか確認が必要です。 メーカーが作成している工事店専用の「ルームエアコン据付説明書」には、室内機と室外機の据付スペースが記載されています。

据付スペースはエアコンが正常に能力を発揮するために必要であり、スペースが確保できない場合は能力の低下や機器に不具合が生じる可能性があります。

室外機は図のように据付スペースが必要になります。(メーカーによって異なります) 

特に効率の良い運転を行うためにも、室外機の正面と左側はなるべく解放しておくことをメーカーは推奨しています。

室外機は背面から空気を吸い込み、熱交換器を通って正面から空気を排出する特徴があります。夏場の冷房使用時は、室外機の正面から熱交換器内の圧縮機で高温・高圧となった冷媒ガスをファンで冷却しているため、暖かい空気が排出されますが、この時室外機の正面に塀や植木等の障害物があると放熱の妨げになり、熱い空気が室外機の周りに溜まってしまいます。

放熱した空気を再び室外機が吸い込むことを繰り返す状態をショートサイクル(ショートサーキット)と言い、室外機がショートサイクル(ショートサーキット)を起こすことによって冷媒ガスを冷却できず、能力の低下やオーバーヒートして正常に動かなくなったり、故障してしまう可能性があります。

ショートサイクル(ショートサーキット)を防ぐためにも、なるべく室外機の周りには物を置かないように注意して下さい。設置環境によっては室外機の正面に塀があり、スペースが確保できない場合はブロックや架台を利用して空間を確保する工夫が必要です。エアコンが正常に能力を発揮できるよう、室内機も室外機も据付スペースを確保しましょう。

お掃除機能付きエアコンこそ分解クリーニング「クリピカ」

今回の漫画は「お掃除機能付きエアコンこそクリピカ」です。お掃除機能付きという名前に安心して、メンテナンスを忘れているお客様はいませんか?

お掃除機能付きエアコンこそクリピカ

お掃除機能付きエアコンも定期的なメンテナンスが必要!

分解クリーニング「クリピカ」のご依頼をいただくエアコンの約半分はお掃除機能付きエアコンで、その比率は年々増えております。

お掃除機能付きエアコンなのにクリーニングが必要なの?と思われるかもしれませんが、お掃除機能付きのエアコンこそメンテナンスが必要なのです。

先ず、知っていただきたいのは、エアコンのお掃除機能はフィルターの掃除をロボットが自動でしてくれるもので、内部の溜まった汚れまではキレイにしてくれるものではないということです。

お掃除機能付きエアコンが発売されてから、多くのお客様がその利便性に魅力を感じて購入されているかと思いますが、お掃除機能付きエアコンは定期的にメンテナンスしていないと、ホコリが内部に溜まってしまい故障の原因になる恐れがあります。

お掃除機能付きはメーカーにより仕様は様々ですが、ダストボックスが付いたタイプのお掃除機能付きエアコンは、ダストボックスに溜まったホコリをお客様が定期的に捨てなければなりません。(ダストボックスの掃除の仕方は各メーカーの取扱説明書をご確認下さい。)

メーカーによりお手入れの期間は異なりますが、ダストボックスにホコリが溜まったまま長年使用したことで、ホコリがあふれ出し動かなくなってしまったお客様もいらっしゃいます。お掃除機能付きと過信せず、定期的に点検やメンテナンスをすることをオススメ致します。

また、お掃除機能付きエアコンをクリーニングしたいと思っても、お掃除機能がついていることで業者さんに断られてしまう場合もあります。内部の構造が複雑なお掃除機能付きエアコンはクリーニングが難しく時間を必要とするため、クリーニングできない業者さんもいると思います。

分解クリーニング「クリピカ」なら、どの家庭用エアコン(ウインドエアコンは除く)でも分解クリーニングが可能です。是非ご検討下さい!

2018年2月プレゼント当選者発表

このたび「クリピカしあわせメッセージ」にたくさんのご応募を
いただき、ありがとうございました。

今月の「温湿度計」の当選者が決定致しました。

東京都   O様
福岡県   Y様
三重県   M様
千葉県     H様
大阪府   I様

当選おめでとうございます!!

お引越しの時は室外機を忘れないでね

お引越しの時は室外機を忘れないでね

お引越しの時に注意して欲しいこと

3月は進学・就職・転勤などの理由で、全国的にお引越しが多くなる時期です。今まで使っていたエアコンを新居に移設したい、貰ったエアコンを転居先に付けたいなど、お客様によって理由は様々ですが、お引越しの機会にエアコン分解クリーニング「クリピカ」を行うお客様が近年増えております。
クリーニングしたエアコンをお引越し先へスムーズに取り付けを行うため、注意していただきたいことがあります。それが、室外機の運搬です。
クリピカは室内機のみをお預かりして専門工場でクリーニングを行います。そのため、室外機は弊社でお預かりしたり、新居先へ運搬することはありません。
お引越しをお客様で行う場合で、現在お住いのお家に付いているエアコンを分解クリーニングし、新居へ取り付けを行う際、室外機はお客様にて運搬していただくことになります。 分解クリーニングを行った室内機は、お引越し先に作業員がお持ちして取り付けを行いますが、取り付けをする直前まで室外機がどこに置いてあるか分からない場合があります。よくよく確認すると、室外機をお引越し前のお家に置いたままだったということがあります。
室外機は家の外に置いてあるため、お引越しの慌ただしさの中、運び忘れてしまうケースが時々発生致します。お引越しの機会に分解クリーニングをお考えのお客様は、室外機の運び忘れに十分注意して下さい。

エアコン内部に潜む汚れ

エアコン内部に潜む汚れ

普段は見えないエアコン内部に潜む危険

エアコンのお手入れと言えばフィルターのお掃除を思い浮かべる方が多いと思いますが、エアコンクリーニングを担当している職人さんが、一番掃除が必要だと思う部分は熱交換器の内側と背面だと指摘しています。

熱交換器の内側と背面は両方ともエアコンを取り外さないと見えない部分になります。特にエアコンの背面は滅多に動かされることがないため害虫の巣になっていることがあり、分解の際にゴキブリの卵や虫が出てくることもあります。熱交換器は付けたままのエアコンクリーニングでも洗浄を行う部分ですが、表面はキレイでも内側の汚れまでは完全に落とすことができません。分解クリーニング「クリピカ」であれば、全ての部品をパーツごとに分解洗浄するため、エアコン内部に潜む害虫や汚れを除去することが可能です。

エアコンの掃除に興味のあるお客様は、是非分解クリーニング「クリピカ」をお試し下さい。