アンテナ工事・ブースター

アンテナ工事・ブースター

アンテナ新設で発生する追加工事について

アンテナの新設をご希望の場合は、現地で下見・見積りから対応させていただきます。 アンテナは地域によって種類が異なるため、お客様のお住まいに適したアンテナや取り付け方法ご提案させていただきます。

また、アンテナは受信環境によってはブースターの取り付けが追加で発生する場合があります。ブースターは受信した電波を増幅するために使用する部材です。 アンテナで受信した電波が元々弱い場合や複数のテレビに電波を分ける場合は、同軸ケーブルや分配器等を通過することで電波がさらに弱くなり、テレビが視聴できない可能性があります。そのため、ブースターを取り付けて電波を強くする必要があります。

アンテナ工事でお悩みのお客様は是非ご相談下さい。

2018年12月プレゼント当選者発表

このたび「クリピカしあわせメッセージ」にたくさんのご応募を
いただき、ありがとうございました。

今月の「温湿度計」の当選者が決定致しました。

兵庫県   I様
広島県   S様
千葉県       S様
静岡県     K様
埼玉県   G様

当選おめでとうございます!!

4コマ漫画「エアコンの汚れや臭いの原因~ペット編~」を追加

4コマ漫画「エアコンの汚れや臭いの原因~ペット編~」を追加致しました。

みなさんご覧になって「いいなと思ったらクリック」ボタンをクリックしてください。

次回の4コマ漫画掲載は2019年1月15日(火)を予定しております。

乞うご期待を。

エアコンの汚れや臭いの原因~ペット編~

エアコンの汚れや臭いの原因~ペット編~

ペットの毛がエアコンの汚れや臭いの原因の一つに

エアコンの汚れや臭いの原因は様々ありますが、その一つに室内で飼われている動物の毛があります。

季節によって毛が生え替わる犬や猫のような動物をお部屋で飼っている場合、小さくて細かい毛がエアコンの内部に溜まってしまうケースがあります。

そもそも、エアコンは風を送り出すだけではなく、お部屋の空気を吸い込み、その空気を暖めたり冷やしたりして再度お部屋に送り出しています。そのため、空気中のホコリやハウスダスト、ペットの毛のように小さくて軽いものは吸い込んでしまい、吸い込まれた汚れはフィルターや内部のシロッコファンなどに溜まっていきます。

溜まった汚れがフィルターで目詰まりしていると、余計な電気代がかかったり、エアコンの能力低下に繋がる恐れがあります。また、そのままにしておくと汚れが臭いの原因になる場合があるため、できるだけフィルターの汚れは定期的にお掃除をしていただくことをオススメしています。

しかし、内部に溜まった汚れは普段のお掃除だけでは取り除くことができないため、室内でペットを飼われているお客様で、エアコンの汚れや臭いが気になる場合はエアコン分解クリーニング「クリピカ」を是非ご検討下さい。

エアコン分解クリーニングで年越し

エアコン分解クリーニングで年越し

良いお年をお迎えください

2018年も残すところ後わずかとなりました。今年もより多くのお客様に弊社のエアコン分解クリーニング「クリピカ」をご利用いただき、誠にありがとうございます。

来年もより一層、お客様に満足していただけるようサービスの向上に努めてまいりますので、変わらぬご愛顧をくださいますよう従業員一同心よりお願い申し上げます。
新しい年が輝かしい一年でありますよう、心よりお祈り申し上げます。

年末年始のお知らせ

平素は格別のお引き立てを賜り厚く御礼申し上げます。
さて、誠に勝手ではございますが、当社の年末年始休業につきまして
下記の通りご案内申し上げます。

年末年始休業日 2018年12月31日(月)~2019年1月3日(木)まで

※但し、2018年12月30日(日)並びに2019年1月4日(金)は
受付時間を9:00~15:00までとさせていただきます。
休業中にお客様より頂いたお問い合わせにつきましては、2019年1月4日(金)から
順次対応させていただきます。

何卒ご理解頂きますようお願い申し上げます。

2018年11月プレゼント当選者発表

このたび「クリピカしあわせメッセージ」にたくさんのご応募を
いただき、ありがとうございました。

今月の「温湿度計」の当選者が決定致しました。

東京都   K様
東京都   H様
千葉県       S様
神奈川県  K様
埼玉県   A様

当選おめでとうございます!!

室外機から水が出る理由

室外機から水が出る理由

暖房を使用すると室外機から水が出ます

暖房シーズンになると、室外機の下の方から水が出ていると不安に思われるお客様がいらっしゃいますが、暖房を使用した時に室外機から水が出ていることは故障ではありません。 エアコンの特徴として冷房運転の時は室内機より、暖房運転の時は室外機から水が排水される仕組みになっています。
さらに、暖房を使用した時に室外機から水が排水される理由の一つとして、「霜取り運転」があります。
暖房運転をすると室外機から冷たい風が出てきます。外気温度が低く湿度が高い場合は室外機に霜が付着してしまいます。霜が付着したままでは暖房能力が弱くなってしまうため、室外機は霜を溶かすため「霜取り運転」を行います。「霜取り運転」を行うことで湯気が出たり、溶けた水が室外機の下から排水される仕組みになっているため、室外機から水が出ることは故障ではありませんのでご安心下さい。